EAP外部相談窓口に関して、こんなお悩みありませんか?

解決1

電話健康相談(ファミリー健康相談)

健康経営を推進する上で従業員が気軽に医師等専門家に相談できる窓口を設置したい。

従業員の育児や介護の不安や女性の健康支援等の悩みを解決し生産性を向上させたい。

電話健康相談
(ファミリー健康相談)

解決2

メンタルヘルスカウンセリング

テレワーク環境での社員のメンタルヘルス対策を強化したい。

メンタルヘルス不調による休職・離職を防ぎたい。

メンタルヘルス
カウンセリング

解決3

ハラスメント外部相談窓口

ハラスメント防止法(改正労働施策推進法)に向けて相談窓口を整備したい。

コンプライアンスを遵守した、従業員の働きやすい環境を提供したい。

ハラスメント
外部相談窓口

解決4

名医・専門医の手配・ご案内

がん等重篤な疾病を持つ社員をサポートしたい。

名医・専門医の介入により従業員の身体的あるいは精神的負担を軽減したい。

名医・専門医の
手配・ご案内

外部の専門家へ匿名で相談ができます!

EAP外部相談窓口のご提供内容

EAP外部相談窓口とは

社外にいる事業者が提供する「従業員支援プログラム(Employee Assistance Program)」の一環で、エムステージではメンタルヘルス・ヘルスケア領域に関する外部相談窓口を提供しています。

外部に相談窓口を設置することで、従業員は心身の不調に関する悩みを社内の人に知られることなく専門家に相談することができ、利用に関する心理的抵抗を軽減することができます。

企業にとっては、利用が促進されることで、メンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上に役立てることができます。

4つの外部相談窓口からニーズに合った最適なプランを提案します

電話健康相談(ファミリー健康相談)

電話健康相談(ファミリー健康相談)

24時間365日対応。経験豊富な相談員(全員が有資格者)が身体と心の健康に関する電話相談に対応します。

メンタルヘルスカウンセリング

メンタルヘルスカウンセリング

臨床心理士によるメンタルヘルスカウンセリング。対面・オンライン・電話での相談に対応しています。

ハラスメント外部相談窓口

ハラスメント外部相談窓口

お勤め先に対し社労士がハラスメント被害報告を行います。また、臨床心理士によるハラスメントに関する電話カウンセリングに対応しています。

名医・専門医の手配・ご案内
(ベストドクターズサービス)

名医・専門医の手配・ご案内(ベストドクターズサービス)

一生を左右するような重篤な疾患に罹患した方が、名医・専門医の治療・セカンドオピニオンを確実に受けられるように手配・ご案内します。

EAP外部相談窓口の提供について

Plan1

電話健康相談(ファミリー健康相談)

電話健康相談(ファミリー健康相談)の特徴

『ファミリー健康相談』は1987年の開設以来、常にご利用される方の利便性を追求し、サービスの向上を目指しています。
現在では約560団体、年間で約120万件の相談にお応えしています。

コールセンターでの受付体制

コールセンターでの受付体制

24時間・365日、身体と心の健康に関する相談に対応しています。

ご利用者からのお電話には、約250名の相談員(ヘルスアドバイザー)が直接お受けします。

相談員は臨床経験5年以上の保健師・助産師・看護師の資格者です。

その他に臨床心理士・精神保健福祉士・社会福祉士・産業カウンセラー、介護支援専門員(看護師兼務)等も在籍しています。

お受けしている相談内容の例

お受けしている相談内容の例

  • 健康づくり
  • 介護事業者のご案内
  • 健康管理
  • 全身のあらゆる症状とその治療法
  • 受診上の疑問
  • 家庭内での応急手当、看護、介護
  • 出産、育児
  • 行政の医療関連サービス、対応窓口のご案内
  • 医療機関のご案内
  • メンタルヘルス

※ご利用者のお電話に無資格者が応対することはありません。

コールセンターの相談スタッフ数(2021年10月1日時点)

医師 57名
保健師・助産師・看護師 146名
臨床心理士 6名
精神保健福祉士 15名
社会福祉士 13名
産業カウンセラー 21名

サービスについて

ドクターとの電話相談

ご利用者がコールセンター内の常駐医師もしくは外部顧問医師と相談することができます。外部顧問医師の場合には予約方式により提供しており、両者の会話がスムーズに進むようヘルスアドバイザーが三者通話で参加いたします。

女性医師のみが対応する「女性医師相談」もご利用いただけます。

コールセンターに医師が常駐、相談員への迅速なバックアップ支援

コールセンターに医師が常駐、相談員への迅速なバックアップ支援

ご相談者の症状により最適な診療科の顧問医師が対応します

科目

  • ① 内科
  • ② 外科
  • ③ 整形外科
  • ④ 産婦人科
  • ⑤ 小児科
  • ⑥ 脳神経外科
  • ⑦ 眼科
  • ⑧ 耳鼻科
  • ⑨ 皮膚科
  • ⑩ 歯科
  • ⑪ 泌尿器科
  • ⑫ 精神科
  • ⑬ 小児歯科
  • ⑭ 肛門科(胃腸科)

※上記科目は変更となることがございます。

※特にご要望が多い小児科領域の相談に対しては、小児科医師から24時間アドバイスが受けられます。

ドクター相談の事例

相談者:55歳女対象者:1歳男

質問: 孫の難聴難聴に関する検査で麻酔をして行うと言われた。
別の方法はないか。

回答:聴性脳幹反応という検査で、動くと正確にできない検査である為、麻酔をして行う事はよくある事。危険性はないと考えてよい。

ドクター相談の事例

相談者:65歳女対象者:72歳男

質問: 3年前からパーキンソン病治療中。
禁酒できず心配。飲酒量は?

回答:パーキンソン病はアルコール禁忌ではないので、一般的健康目的でのアルコール制限程度でよい。内服薬調整で症状改善が必要かもしれない。主治医に相談を。

ドクター相談の事例

相談者:36歳女対象者:6歳男

質問: 時々左胸辺りが痛むと言う。
30分以内に改善するが大丈夫か。

回答:胸痛時にうずくまるとのことで、週1回位の頻度になっているのであれば、一度心電図などの精査をしておく必要がある。

ドクター相談の事例

相談者:60歳女対象者:60歳男

質問: 黄斑変性症について詳しい事を教えてほしい。

回答:老化により出現した血管が切れ出血し視力障害を発症。最新治療は薬剤を眼内注射し止血する。再発予防になる保険適応の治療を説明。

ドクター相談の事例

医療機関情報の提供

医療機関情報の提供

各都道府県の医療機関情報案内サイトや、各自治体からの提供された情報をもとに、ご利用者様のご要望に応じた検索を行い、可能な限り複数の医療機関をご案内いたします。

海外からの健康相談

海外からの健康相談

余暇を利用しての海外旅行先、海外赴任・海外出張先など、日本を離れた慣れない環境において不安になり、困るのは体調のことです。文化、風土、医療制度の異なる海外からの健康に関する悩みごとにも、通話料無料で対応します。ただし、日本語での対応が原則となります。

WEBによる健康情報提供

WEBによる健康情報提供

ファミリー健康相談には健康情報サイト 「ファミリー・ケア・ネットワーク」がパッケージ化されています。「Web健康相談」のご利用や「Q&A集」を見ることができます。他にも健康レシピや気になる病気ガイド、育児まるまる解決百科など、充実したコンテンツをご利用いただくことができます。

ファミリー健康相談利用料金

契約社員数 年間利用料金(消費税を除く)
1~1,000名の場合 一式550,000円
1,001~2,000名の場合 一式580,000円
2,001名以上の場合 別途お見積り

EAP外部相談窓口の提供について

Plan2

メンタルヘルスカウンセリング

メンタルヘルスカウンセリングの特徴

『メンタルヘルスカウンセリング』は、1998年より時代に先駆けて、電話によるカウンセリングを開始しました。
現在では「心の相談」を銘打ったサービスを提供している企業様は他にも多数ありますが、『メンタルヘルスカウンセリング』では、開設以来、面接・電話ともに全ての相談に対し臨床心理士がお応えいたします。

カウンセラーは
全員「臨床心理士」

カウンセラーは全員「臨床心理士」

確かな品質のカウンセリングを提供します

医療機関との
ネットワーク

医療機関とのネットワーク

提携面接ルームでも各地域の確かな医療機関を案内

全国176箇所の
カウンセリングルーム

全国176箇所のカウンセリングルーム

全都道府県で臨床心理士の面接が受けられます

面接は
年間5回まで無料

面接は年間5回まで無料

お一人年度内5回まで無料で受けられます

電話カウンセリングの
予約も可能

電話カウンセリングの予約も可能

面接はもちろん電話でも予約を受け付けます

オンライン
カウンセリングの振替可能

オンラインカウンセリングの振替可能

面接をオンラインカウンセリングに振替できます

臨床心理士とは

(財)日本臨床心理士資格認定協会の指定する大学院の臨床心理学系専攻の修士課程を修了している者が、同協会による審査/試験に合格することで取得する資格です。資格取得後も5年毎の更新制度が設けられており、一般に「カウンセラー」の持っている資格の中で、最も取得・継続の難しいものとされています。

◆教育・医療・保健・福祉・司法・矯正・労働・産業・経営等と幅広い職域で、心理検査・心理面接・地域支援・調査研究等の専門業務で活動しています。

◆全国の公立小中学校に、文部科学省によって1996年以降スクールカウンセラーとして任用されているのも「臨床心理士」資格を持つカウンセラーです。

サービスについて

電話カウンセリング

電話カウンセリング

全国どこからでも、相談料/通話料無料で電話による臨床心理士のカウンセリングが受けられます。
ご利用者が専用番号に発信し電話カウンセリングをお選びいただくと、臨床心理士が直接応対いたします。受付時間内に臨床心理士以外の者が応答することはありません。

面接カウンセリング

面接カウンセリング

お一人年度内5回まで、予約制の面接カウンセリングを無料で提供します。ご利用者のご要望に応じ、全国176箇所(2021.05現在)のカウンセリングルームの中からお選びいただけます。対応者は全て臨床心理士です。また必要時には各ルームの臨床心理士から、信頼できる医療機関へのご案内も可能です。

メンタルヘルスカウンセリングの事例

悩み:不規則勤務の為、体調や生活リズムが整わない。

対応:相談者の仕事内容や心身の調子、生活の様子を伺い、大変さをねぎらうと共に「仕事への支障を抑えていきたい」という要望を受け止め、医療機関の利用も含めた今後の対応を検討する。

メンタルヘルスカウンセリングの事例

悩み:夫がうつで通院中。回復に向けてサポートできることを相談したい。

対応:相談者がサポートできることを話し合う中で、“夫がつらい時に話を聴く”ことの大切さを共有して、実践していくうえでの工夫を検討する。

メンタルヘルスカウンセリングの事例

悩み:子供がいじめにあってつらいと訴えてくるが、どうしたらいいだろうか。

対応:相談者は適切な介入ができるかどうか不安になっている様子であるため、余り気負い過ぎずに、本人の気持ちに寄り添うことが大切であると伝えたのち、対処策を話し合う。

メンタルヘルスカウンセリングの事例

悩み:親の介護を巡り、兄弟姉妹の関係がギクシャクしており、辛い。

対応:事情を伺いながら、介護の大変さに加えて兄弟姉妹の不和を抱える心労をねぎらい、お互いの事情を尊重しつつ負担が少ない範囲で親の介護を続けていくための工夫を話し合う。

メンタルヘルスカウンセリングの事例

メンタルヘルスカウンセリング利用料金

契約社員数 年間利用料金(消費税を除く)
1~1,000名の場合 一式300,000円
1,001~2,000名の場合 一式340,000円
2,001名以上の場合 別途お見積り

EAP外部相談窓口の提供について

Plan3

ハラスメント外部相談窓口

ハラスメント外部相談窓口の特徴

『ハラスメント外部相談窓口』は2020年に施行されたパワハラ防止法(労働施策総合推進法)をはじめとする、各種ハラスメント対策のための相談窓口となっております。
企業への報告は社労士、相談については臨床心理士とそれぞれ専門家が対応いたします。

ご相談と報告の2つの対応が可能

ご相談と報告の2つの対応が可能

ハラスメントに関するカウンセラーへの相談と、
社労士から企業への通報の2つの対応が可能です。

相談対応は「臨床心理士」が対応

相談対応は「臨床心理士」が対応

相談者のお気持ちに寄り添った対応をご提供します。

報告対応は「社会保険労務士」が対応

報告対応は「社会保険労務士」が対応

会社への報告を希望される際には、
専門家が対応します。

相談件数と報告件数は毎月ご報告

相談件数と報告件数は毎月ご報告

相談件数は毎月報告書でご報告いたします。
会社へのハラスメント報告は、
当日~翌日とタイムリーにご対応いたします。

ハラスメント相談窓口を外部に設置するメリット

① 相談しやすい相談窓口を設置して、早期対応を実現

社内では相談しづらいハラスメント問題を、外部に相談窓口を設置することで相談しやすい環境をつくり早期に対応のできる体制整備を提供します。

② ハラスメント相談の専門家が対応することで、ご相談者様をケア

ハラスメントという繊細な相談では、泣きがながらのご相談や、激高されるケースも少なくありません。
こうしたご相談に対して、日ごろからハラスメント相談や、様々なお悩みに対してカウンセリングを実施するカウンセラー等の専門家が対応することで、ご相談者様のケアを行うことが可能です。

③ 社内の相談対応者の負担軽減と、二次ハラスメントのリスクを防ぐ

社内でハラスメントのご相談を対応される場合、担当者の業務負担や、相談対応による「二次ハラスメント」のリスクが懸念されます。こうした業務負担やリスクを防ぐため、相談対応の専門家に外部相談窓口を設けることが有効です。

サービス提供フロー

ハラスメントの事例

リモハラ:リモートワーク中、会議以外の執務中や、休み時間までモニターの接続を強要される。

ハラスメントの事例

パワハラ:同僚の前で上司に大声で叱責され、精神的に疲弊してしまっている。

ハラスメントの事例

パワハラ:仕事でミスをした際に必要以上に長時間、繰り返し執拗に叱られた。

ハラスメントの事例

パワハラ:職場の後輩が上司に殴られているのを見てしまった。

ハラスメントの事例

パワハラ:先輩・上司に挨拶しても、無視され、挨拶を返してくれない。

ハラスメントの事例

セクハラ:仕事中、上司に性的な冗談でたびたびからかわれ、非常に不快で就業意欲も低下している。

ハラスメントの事例

マタハラ:上司に妊娠を報告したら、「他の人を雇うので早めに辞めてもらうしかない」と言われた。

ハラスメントの事例

イクハラ:男性従業員が育児休業の取得を上司に相談したら「男で育児休業を取るなんてあり得ない」と言われ、取得をあきらめざるを得ない状況だ。

ハラスメントの事例

ハラスメント相談窓口利用料金

契約社員数 年間利用料金(消費税を除く)
2,000名以下の場合 一式264,000円
2,001名以上の場合 別途お見積り

EAP外部相談窓口の提供について

Plan4

名医・専門医の手配・ご案内
(ベストドクターズ・サービス)

ベストドクターズ・サービスの特徴

日本の医療は平均的に高いレベルにあり、軽い病気ならたいていの病院で治療できます。しかし、三大疾病のような重篤な病気になると技術と能力の面で病院間の格差が現れます。

有資格者による
電話応対

有資格者による電話応対

無資格者が応対することはありません

信頼できる
名医データベース

信頼できる名医データベース

大勢の医師による相互評価により作成されます

名医本人による
診察

名医本人による診察

ご紹介医師には事前に受診の了承を得ています

相談料/通話料は無料

相談料/通話料は無料

時間、費用を気にせずご利用いただけます

病状に合った名医を案内

病状に合った名医を案内

専門スタッフがご利用者と医師をマッチングします

ベストドクターズロゴ

弊社のベストドクターズ・サービスは、一生を左右するような重篤な疾患に罹患した方が、「名医本人」の治療・セカンドオピニオンを確実に受けられるよう手配、ご案内するサービスです。ご利用者に案内する医師は、医師同士の相互評価により選出された名医データベースの中から、専門のスタッフによりその方の病状・ご要望に合わせて選定します。名医として約6,500名の医師が選出されています。(2019年1月)

※本事業は米国ベストドクターズ社(Best Doctors, Inc.)のデータベースを利用しています。

※ベストドクターズはBest Doctors, Inc.の登録商標です。

ベストドクターズ
ベストドクターズ・サービスの対象となる疾患

広義のがん(良性脳腫瘍を含む) / 心臓疾患 / 脳動脈瘤 / 肝臓病 / 眼科疾患(レーシックを除く) / 整形外科疾患 / 婦人科疾患(不妊治療を除く) / 膠原病 / 難病の一部(具体的疾患はお問合せください)

日本における医学顧問委員 <Medical Advisory Board(MAB) in Japan>

ベストドクターズ社のポリシーにご賛同いただき、ボランティアでご指導いただいている先生方です。
(50音順)2018年1月現在

天野 篤 先生 心臓血管外科、順天堂医院 院長
久野 貞子 先生 神経内科、京都四条病院パーキンソン病・神経難病センター長
須磨 久善 先生 心臓血管外科、SUMA HEART CLINIC院長
鳶巣 賢一 先生 泌尿器科、聖路加国際病院がん診療特別顧問
幕内 雅敏 先生 肝胆膵外科、日本赤十字社医療センター院長
水谷 智彦 先生 神経内科、元日本大学医学部教授
水野 美邦 先生 神経内科、順天堂大学名誉教授
森山 寛 先生 耳鼻咽喉科、東京慈恵会医科大学病院 元院長・名誉教授
山雄 健 先生 消化器内科、愛知県がんセンター消化器内科部長
山本 悌司 先生 神経内科、脳神経血管研究所附属総合南東北病院所長

サービスの提供フロー

看護師資格を持ったコールセンタースタッフが、重い疾患と診断され混乱状態にあるご利用者の医療に対する理解を深め、次の治療に向けた決断を支援いたします。

1

フリーコールヘお電話、ベストドクターズサービスを選択いただきます。

2

スタッフ(看護師資格)が病状等の情報を詳細まで聞き取ります。

3

スタッフがケース毎に選択した医師に連絡、診療の可否を確認します。

4

8営業日程で名医情報を郵送します。

5

ご利用者本人が予約を取り受診します。

診療情報提供書について

診療情報提供書について

本サービスでは、スタッフは上記の手順で、ご利用者が選出した名医に確実に受診できるようサポートいたします。
「診療情報提供書」は患者が医師の診察を受けた後にのみ発行されるものであるため、スタッフはご利用者にどのように「診療情報提供書」を“対象疾患と診断した医師”に書いてもらえばよいか、をお伝えいたします。

サービスの提供事例

疾患名: 子宮内膜異型増殖症
ご希望: 東京都内で腹腔鏡手術にて治療実績のある医師を案内希望
対応: 都内病院の医師をご案内

感想:とてもわかりやすく説明してくれました。主治医からはなかった説明もあり、明るい希望を持つことができました。

サービスの提供事例
疾患名: 変形性股関節症
ご希望: 主治医より手術を勧められている。九州内で優秀な医師の手術を受けたい
対応: 福岡の病院の医師をご案内

感想:末期股関節症と診断され、人工股関節置換術をすることになった。とてもいい先生でした。

サービスの提供事例
疾患名: 脊髄小脳変性症
ご希望: 少しでも病状が良くなるなら全国どこの病院でも構わない
対応: お住まいの北海道内の病院の医師をご案内

感想:○○先生はとても良い先生でした。早急に治療を開始した方が良いと提案あり、電磁波の治療を次の週の月曜日から開始する予定。良い医師との出会い、治療のタイミング、すべてがラッキーだったと思っています。

サービスの提供事例
疾患名: 悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)
ご希望: 今後の治療についてセカンドオピニオンを聞きたい
対応: 東京都内の病院の医師をご案内

感想:○○医師は説明がとても丁寧。よく理解できた為とても満足であり納得いく内容でした。

サービスの提供事例

ベストドクターズ・サービス利用料金

契約社員数 年間利用料金(消費税を除く)
2,000名以下の場合 一式300,000円
2,001名以上の場合 別途お見積り

EAP外部相談窓口の提供について

相談事業受付の仕組み

自動音声ガイドによる案内

当相談事業では、身体やこころの問題をお話しいただくという当該サービスの特性と、ご利用者の利便性を考慮して自動音声ガイドによるサービスの振り分けを採用しています。

自動音声ガイドによる案内

相談員の受付

相談員の受付

ご契約先様ごとの専用電話番号を、ご契約サービス内容等の情報とともにシステムに登録いたします。
ご契約先様の希望する呼称を用いた応答等、独自のカスタマイズが可能です。

月間/年間の報告書
(ファミリー健康相談)

月間/年間の報告書(ファミリー健康相談)

1) 利用状況を毎月・年間の報告書を提出します。

2) 相談の内容を集計する相談件数編と、電話の本数を集計する入電件数編の二部構成となっています。

3) 電話健康相談全体の毎月の相談傾向をまとめたマンスリーレポートを資料として提出します。

4) 報告書はPDF形式か、Excel形式かを選択いただくことができます。

月間/年間の報告書
(メンタルヘルスカウンセリング)

月間/年間の報告書(メンタルヘルスカウンセリング)

詳細な報告書(月間と年間)を提出いたします。月間報告書には、いただいた全ての相談の内容を、Q&A形式にまとめて内容毎に一覧記載いたします。また月間報告書に合わせて「こころの現場から」として、いただいた相談の傾向に合わせたトピックス記事や、すぐにお役立ていただけるコミュニケーション方法の紹介等を、レポートにまとめてご提出いたします。

EAP外部相談窓口の提供について

サービス提供元について

本サービスは(株)法研との業務提携によりサービスを提供しております。

社名: 株式会社法研
設立: 1946年10月1日
代表取締役社長: 東島俊一
売上高: 99億8,500万(2020年3月決算)
本店所在地: 東京都中央区銀座1—10-1

法研はPマーク/ISO27001を
取得しております

法研はPマーク規定およびISO27001規定に則り、実施している事業に対し個人情報の取り扱いの発生するケースの洗い出し、ケース毎の漏えいリスクの想定、それらに対する防止策のリスト化を徹底するなど、情報セキュリティのマネジメントに関して強固な管理体制をとっております。

システムセキュリティ
について

健康相談・カウンセリングの相談履歴などのデータを保管するサーバーは外部のデータセンターに保管しています。音声データは専用回線、登録データは専用回線同等のセキュニリティ技術で保護してます。

物理的セキュリティ
について

コールセンターへの立ち入りについて、法研社員であっても担当者のIDカード以外では開錠できない等、物理的セキュリティも適切に管理されています。

EAP外部相談窓口の提供について

よくある質問

外部相談窓口としてお気軽にご相談出来る事に重点を置いていますので、相談者が特定できる情報は提供しておりません。
個人の特定が出来ないよう加工した内容をレポートとしてご報告いたしますので、利用状況や相談傾向の把握を行っていただくことができます。
はい、ご家族の利用も可能です。多くの団体様では、家族も含めて利用する事で家庭内での健康上の問題も早期解決する仕組みとして利用しています。
はい、月次で利用状況のレポートを提出いたします。
企業・団体様の規模や年齢構成、業種などお聞かせいただき、ニーズに応じて相談窓口を設計いたします。
企業・団体様の人数に応じて費用を算出し、年間委託契約をお願いしております。なお、メンタルヘルスカウンセリングの場合1,000名までは一律300,000円(税別)となっております。
はい、相談窓口は企業様の特性もありますが、告知方法などで利用件数が大きく変わります。現状の告知方法などをお聞きして、利用促進のアドバイスなども行わせて頂きます。

エムステージの受賞歴/認定・加盟団体

HRアワード2021
「人事労務管理部門」入賞

日本HRチャレンジ大賞
「イノベーション賞」受賞

ベストベンチャー100選出
 

健康経営優良法人2022
(大規模法人部門)認定

ホワイト企業認定
プラチナ認定

禁煙推進企業
コンソーシアム加盟

外部メディア掲載事例

日本経済新聞のロゴ
産経新聞のロゴ
TBSのロゴ
テレビ朝日のロゴ
  • 2021/07/12 「AERA(アエラ)」にて当社保健師のコメントが掲載。
  • 2021/06/18 「news every.」日本テレビにて当社の調査結果が放映。
  • 2021/06/07 「Nスタ」TBSテレビにて当社の調査結果が放映。
  • 2021/04/27 「日経メディカル」にエムステージ社員の記事が掲載。
  • 2021/03/04 「健康経営優良法人2021」(経済産業省)に当社が3年連続認定。
  • 2021/02/15 「帝国タイムス」にて当社代表 杉田のインタビュー記事が掲載。
  • 2021/01/18 「スポーツニッポン」社会面にて当社の解説記事が掲載。
  • 2020/12/23 「日テレ NEWS24(日本テレビ)」にて当社の調査結果が放映。
  • 2020/11/18 「マイナビニュース」にてサンポナビ編集部の連載がスタート。
  • 2020/10/15 「帝国タイムス」サンポナビ編集部の寄稿記事が掲載。
  • 2020/09/07 「日経WOMAN」にエムステージ社員のインタビュー記事が掲載。
  • 2020/08/27 「経済界」にエムステージ代表 杉田のインタビュー記事が掲載。
  • 2020/07/13 「日本経済新聞」産業医向けに行った調査結果が掲載。
  • 2020/03/05 「産経新聞」にエムステージが実施したアンケート調査結果が掲載。
  • 2020/03/02 「サタデーステーション(テレビ朝日)」にて当社の調査結果が放映。

書籍の刊行実績

多くの企業が抱える「名ばかり産業医」の問題にフォーカス

企業にはびこる名ばかり産業医

著 鈴木 友紀夫 (当社産業保健事業部 顧問)

当社産業保健事業部 鈴木友紀夫による著書。
「働き方改革」が推進される昨今、企業に所属するも、ほとんど活動にコミットしない”名義貸し状態”のいわゆる「名ばかり産業医」の問題性についてフォーカスし、大きな反響を呼びました。

お問い合わせ・お役立ち資料のダウンロード