企業に課される義務と報告! 労働安全衛生法
50人以上の事業場

  • ストレスチェックの実施
  • 産業医の選任
  • 衛生委員会の設置
  • 衛生管理者の選任
  • 定期健康診断書の提出
03-6697-1660 平日9〜18時 / 全国対応
従業員50人以上の事業場では、従業員の安全と健康を守るために「労働安全衛生法」に定められた法律を遵守する必要があります。
  • ストレスチェックの実施
  • 産業医の選任
  • 衛生委員会の設置
  • 衛生管理者の選任
  • 定期健康診断書の提出
03-6697-1660
平日9〜18時 / 全国対応

従業員50人以上の事業場では、従業員の安全と健康を守るために「労働安全衛生法」に定められた法律を遵守する必要があります。

01
STRESSCHECK

ストレスチェック実施

1年に1回実施し、労働基準監督署まで報告書を提出します。

労働安全衛生法 第六十六条の十条 (心理的な負担の程度を把握するための検査等)

事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師、保健師その他の厚生労働省令で定める者 (以下この条において「医師等」という。)による心理的な負担の程度を把握するための検査を行わなければならない。

02
DOCTOR

産業医選任

企業において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行います。

労働安全衛生法 第十三条 (産業医等)

事業者は、政令で定める規模の事業場ごとに、厚生労働省令で定めるところにより、医師のうちから産業医を選任し、その者に労働者の健康管理その他の厚生労働省令で定める事項(以下「労働者の健康管理等」という。)を行わせなければならない。

03
COMMITTEE

衛生委員会設置

労働災害防止の取り組みを労使が一体となって行うことが、委員会設置の目的です。

労働安全衛生法 第十八条 (衛生委員会)

事業者は、政令で定める規模の事業場ごとに、次の事項を調査審議させ、事業者に対し意見を述べさせるため、衛生委員会を設けなければならない。

04
HEALTHSUPERVISOR

衛生管理者選任

主な仕事は、作業環境の管理、労働者の健康管理、労働衛生教育、健康保持増進措置などです。

労働安全衛生法 第十条 (総括安全衛生管理者)

事業者は、政令で定める規模の事業場ごとに、厚生労働省令で定めるところにより、総括安全衛生管理者を選任し、その者に安全管理者、衛生管理者又は第二十五条の二第二項の規定により技術的事項を管理する者の指揮をさせるとともに、次の業務を統括管理させなければならない。

05
MEDICALEXAMINATION

定期健康診断報告書提出

健康診断の結果を労働基準監督署へ報告する義務が生じます。

労働安全衛生規則 第五十二条 (健康診断結果報告)

常時五十人以上の労働者を使用する事業者は、第四十四条、第四十五条又は第四十八条の健康診断(定期のものに限る。)を行なつたときは、遅滞なく、定期健康診断結果報告書(様式第六号)を所轄労働基準監督署長に提出しなければならない。


COUNT

「50人以上の事業場」のカウント方法

正社員だけでなくパートタイマー、アルバイト、契約従業員、派遣従業員も労働者数にカウントします。雇用形態や契約期間の定めの有無は問いません。

  1. 1.ストレスチェックの実施
  2. 2.産業医の選任
  3. 3.衛生委員会の設置
  4. 4.衛生管理者の選任

1年以上雇用しているか、する予定で、週の労働時間が正社員の4分の3以上の労働者をカウントします。必ずしも正社員に限られず、条件を満たしたパートやアルバイトでも該当する場合があります。

  1. 5.定期健康診断報告書の提出

DOWNLOAD

労働安全衛生法 (50人以上の事業場)
関連サービス/ 資料請求・ご相談・お見積りはこちらから

労働安全衛生法 (50人以上の事業場) 関連サービス/ 資料請求・ご相談・お見積りはこちらから

ストレスチェックの実施
産業医の選任
衛生委員会の立ち上げ支援※

※衛生委員会の立ち上げ支援は、産業医の紹介/選任サービスのご契約時に付帯するサービスです

平日9〜18時
全国対応
平日9〜18時 / 全国対応

SERVICE

労働安全衛生法・50人以上/関連サービス

ストレスチェック

年間55万人のご利用実績あり。厚生労働省推奨の57項目版に加えて、独自設問を追加した詳細版も選択可能です。ストレスマネジメント強化、集団分析の結果活用、プレゼンティーズム対策に最適です。

産業医 

導入実績1,900事業場。業界トップクラスの登録産業医の中から最適医師をご紹介。専任スタッフの実務支援、産業保健業務管理クラウド、運営資料までご提供で、労務人事担当者の負担を大幅軽減します。


GUIDEBOOK

労働安全衛生法・50人以上/関連資料

産業医の情報収集はこれ1冊!労働安全衛生法で50名以上の事業場は選任義務があります。人事労務担当者が、労働衛生の法的義務を守るために知っておきたい基礎情報がわかりやすく掲載されています。

事業場の労働者数が50名を超えるタイミングで、衛生管理者を選任する必要があります。試験内容をはじめ、衛生管理者を目指すための知識や選任後の業務内容を1冊にまとめました。


ARTICLE

労働安全衛生法・50人以上/関連記事

「産業医の選任」だけじゃない!従業員が50人になったらやるべきこと  オススメ

会社はその規模に応じて、人事・労務でやるべき義務が生じます。労働者の人数別に、義務と努力義務になることをまとめました。項目ごとに、労働者にアルバイト…

50人以上の事業場は設置が義務!衛生委員会って何をするの?

労働安全衛生法に基づき、50人以上の従業員がいる事業場(本社、支社、営業所などの単位)では、「衛生委員会」を設置しなければなりません。どのような目…

【まとめ】ストレスチェック義務化の内容&対応するために知っておくべきこと

ストレスチェックが実施の義務となるのは、従業員の数が50人以上の職場です。この記事を見ていただいているということは、あなたの会社もストレスチェック実…

【2022年版】衛生管理者ってどんな資格?よくある10の疑問をQ&Aで解説

衛生管理者とは、労働者の健康を守るために企業が選任すべき存在です。また「衛生管理者」の資格は、労働者の健康障害や労働災害を防止することを目的とした、…


COMPANY

運営会社のエムステージ

健康経営優良法人2022

健康経営優良法人
2022認定

2022年3月、エムステージは「健康経営優良法人2022」に認定されました。昨年に続き4年連続となります。企業の皆様に健康経営を推進する私たちだからこそ、ロールモデルとなる働き方をすべきと考え、『一歩先の健康経営』を体現していきます。

健康経営優良法人2022

日本の人事部 HRアワード2021

2021年8月、産業保健サポートサービスが「日本の人事部 HRアワード」プロフェッショナル部門に入賞しました。産業医紹介だけにとどまらず、企業への継続した産業保健の支援活動が健康経営を支える優れたサービスであると評価されました。

HR Award 2021 日本の人事部

日本次世代企業普及機構 ホワイト企業
プラチナ認定

2021年2月、株式会社エムステージは日本次世代企業普及機構が実施する「ホワイト企業認定」にて、最上位のプラチナ認定を取得いたしました。

「すべては、持続可能な医療の未来をつくるために」をミッションに、
産業保健・医療人材・医療経営の3つの領域から医療課題の解決を図る企業です。

社名 株式会社エムステージ
事業内容 事業所向け産業保健支援、医療人材総合サービス(厚生労働大臣許可13-ユ-010928)
設立 2003年5月
資本金 5,000万円
代表取締役 杉田 雄二
本社 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 5F
事業拠点 東京・札幌・仙台・名古屋・金沢・大阪・福岡

お問い合わせ・お役立ち資料のダウンロード