お知らせ

『産業保健トータルサポート』導入企業144社が「健康経営優良法人2022」に認定

『産業保健トータルサポート』導入企業のうち144社が、「健康経営優良法人2022」に認定されました。

健康経営優良法人認定制度は、経済産業省と日本健康会議が共同で実施し、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
この度、エムステージが提供する『産業保健トータルサポート』ご利用企業様のうち、144社が「健康経営優良法人2022」に認定され、大規模法人部門の上位法人「ホワイト500」に27社、中小規模法人部門の上位法人「ブライト500」に18社が認定されました。さらに、東京証券取引所の上場会社の中から、特に優れた健康経営を実践している企業として紹介される「健康経営銘柄」に2社が選定されています。

エムステージの『産業保健トータルサポート』では、企業の意義ある産業保健活動・健康経営の実現と促進を目指し、各企業の課題に合わせた総合的な支援を提供しています。今回、多数の企業様が認定されたことにより、『産業保健トータルサポート』ご利用企業様の、健康経営に対する高い意識と取り組みが再認識されました。

産業医活動を意義あるものにする『産業医紹介・サポートサービス』や、“健康経営度調査”に完全対応したストレスチェック『Co-Labo』で、健康経営を促進

『産業保健トータルサポート』では、産業医紹介・選任後の業務サポートをはじめ、ストレスチェック『Co-Labo』、産業保健師サービス、EAP外部相談窓口、メンタルヘルス・ハラスメント研修、専門家相談サービス等で、企業の健康経営を総合的に支援しています。

▶『産業保健トータルサポート』詳しくはこちら:https://sangyohokensupport.jp/

お問い合わせ・お役立ち資料のダウンロード