メニュー
産業保健FAQ

高ストレス者の面接指導は、産業医が行わなければいけないですか?

ストレスチェック後の面接指導では、高ストレス者と判断された労働者のストレスチェックの結果を精査した上で、 医師が本人から申し出があった従業員の方と面談して、ストレスの要因について聴取して、ストレスへの対処行動を助け、ストレスによる健康影響を少なくための方法などを指導します。

医師であれば産業医の資格がなくとも、 高ストレス者の面接指導を実施できますが、一般には、産業医又は事業場において産業保健活動に従事している医師が推奨されます。

その他の産業保健FAQ