メニュー
産業保健FAQ

産業医の職務とは、どのような業務内容ですか?

産業医の職務は、「 労働安全衛生規則 第十四条」によって、以下のように定められています。

1,健康診断及び面接指導等の実施並びにこれらの結果に基づく労働者の健康を保持するための措置に関すること。
2,作業環境の維持管理に関すること。
3,作業の管理に関すること。
4,前3号に掲げるもののほか、労働者の健康管理に関すること。
5,健康教育、健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るための措置に関すること。
6,衛生教育に関すること。
7,労働者の健康障害の原因の調査及び再発防止のための措置に関すること。

また、産業医は少なくとも毎月1回作業場等を巡視し、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければなりません。

※産業医は一定の要件を備えた者でなければなりません。産業医は事業者に対し労働者の健康管理等に関し勧告することができます。事業者は産業医の勧告を受けたときは、これを尊重しなければなりません。

 

その他の産業保健FAQ