メニュー
産業保健FAQ

時間外労働の上限規制とは、どのようなものですか?

働き方改革の一環として、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関 する法律」 の成立により労働基準法が改正さ れ、時間外労働の上限が規定されました。

この改正によって、法律上、時間外労働の上限は原則として月45時間・年360時間となり、臨時的な特別の事情がなければこれを超えることができなくなります。 臨時的な特別の事情があって労使が合意する場合でも、以下の事項を守らなければならなくなりました。

・時間外労働が年720時間以内  時間外労働と休日労働の合計が月100時間未満 ・時間外労働と休日労働の合計について、「2か月平均」「3か月平均」「4か月平 均」「5か月平均」「6か月平均」が全て1月当たり80時間以内
・ 時間外労働が月45時間を超えることができるのは、年6か月が限度

参考 「 時間外労働の上限規制 わかりやすい解説 」

その他の産業保健FAQ