メニュー
産業保健FAQ

健康診断の種類や検査項目にはどのようなものがある?

健康診断は、診察および各種の検査で健康状態を評価することで、生活習慣病をはじめ、さまざまな病気の早期発見・早期治療及び、病気そのものを予防することを目的に行われます。

労働安全衛生法(第 66条の1)により、事業者に実施が義務づけられている健康診断には「一般健康診断」「特殊健康診断」の2つの健康診断があります。
また、常時使用する労働者の健康状態を調べることを目的とした「一般健康診断」には、次の5種類の健康診断があります。

■一般健康診断の種類
①雇い入れ時の健康診断(労働安全衛生規則 第 43条)
②定期健康診断(労働安全衛生規則 第 44条)
③特定業務従事者の健康診断(労働安全衛生規則 第 45条)
④海外派遣労働者の健康診断(労働安全衛生規則 第 45条の2)
⑤給食従業員の検便

「一般健康診断」には、種類・目的に応じた診断項目・基準値があります。一般健康診断 ①~⑤それぞれには「労働安全衛生規則」によって定められた “診断項目(検査項目)” があります(法定項目)。

事業者が健康診断を実施する際には、病院や健診施設など外部の機関に委託することが一般的で、委託先の機関では、法定の“診断項目(検査項目)” に加え、病気の早期発見や生活習慣改善などを目的とした様々な検査項目を用意しています。

企業の健康診断の多くは、 医療保険事業を運営する「全国健康保険協会(協会けんぽ)」または「健康保険組合(組合健保)」の制度を利用して、各団体が契約する健診機関にて実施されます。どちらの組織も 「定期健康診断」における法定項目 を包括した診断項目を用意しています。各団体の法定項目と法定外項目は、次のように整理されています。

健康診断の “診断項目(検査項目)” は多岐にわたるため、法令で定められた項目に、事業所のニーズを踏まえ項目を追加する場合は、産業医を中心に事業所内のスタッフで十分に検討する必要があります。診断項目の選定は、健康診断の事後措置における有所見者の範囲にも大きく影響を与えるため、事業所における健康診断の目的を踏まえ、衛生委員会などで十分に審議することが大切です。


※参考:厚生労働省 労働安全衛生法に基づく健康診断の概要

その他の産業保健FAQ