メニュー
産業保健FAQ

プログラム判定した高ストレス者を面接指導の対象にしてよいですか?

専用システムのプログラムを用いて、高ストレス者の条件により判定は自動的に対象を抽出してもよいですが、面接指導が必要かどうかはストレスチェックの実施者判断が求められます。その際には、例えば対象者名簿に押印するなど、 実施者が判断したことが分かる記録を残しておくことが望ましいです。

なお、ストレスチェックの実施者が 面接指導の対象要件に該当しないと判断した従業員から申し出があっても 、法令上、事業者に面接指導を行う義務はありません。

その他の産業保健FAQ