メニュー
産業保健FAQ

ストレスチェックは、アルバイトやパートも対象ですか?

ストレスチェックは、「常時 50 人以上の労働者を使用する事業場」に実施義務が課されていま す。この場合の「常時使用している労働者が 50 人以上いるかどうか」は、契約期間(1年以上)や週の労働時間(通常の労働 者の4分の3以上)をもとに判断するのではありません。

常態としてその労働者を使用しているかどうか で判断することになります。 例えば、週1回しか出勤しないようなアルバイトやパート労働者であっ ても、継続して雇用し、常態として使用している状態であれば、常時使用している労 働者として 50 人のカウントに含めていただく必要があります。

その他の産業保健FAQ