メニュー
産業保健FAQ

「衛生管理者」は、どのようにして選べばよいですか?

業種に関係なく常時50人以上の労働者を使用する事業場では、衛生管理者を選任することが義務付けられています。衛生管理者は事業者(総括安全衛生管理者)の指揮の下に、特に衛生に関わる技術的事項を管理します。

衛生管理者には、労働衛生に関する専門的な知識(原則として、都道府県労働基準局長の免許を受けていることが要件)を活かして」現場の状況に沿って産業保健活動を進めることが求められます。また、衛生管理者には産業医・専門職・労働者・所属長等との調整、各種事務手続等の役割を担うことも求められます。

衛生管理者の主な仕事は、作業環境の管理、労働者の健康管理、労働衛生教育の実施、健康保持増進措置などです。少なくとも毎週1回作業場等を巡視し、設備、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければなりません。 また、衛生委員会を設置する場合、構成メンバーとして指名されます。

衛生管理者には、人事や総務担当が「衛生管理者(公益財団法人 安全衛生技術試験協会)」の試験を受けて資格を取得して選任される場合が多いです。衛生管理者が産業医との連絡窓口になることも多いため、人望があり、職場のことをよくわかっている従業員で、役職者でない方が望ましいとされます。

衛生管理者の資格試験は毎月実施されていますので、資格を取得した方が退職や異動になる可能性も考慮して、産業保健スタッフ複数名に資格を受験させておくことおすすめします。


■安全労働衛生法で規定されている内容

<安衛法第12条>
・事業者は労働者の健康障害の防止措置、衛生教育の実施、健康診断の実施その他健康の保持増進の
ための措置及び労働災害の原因の調査及び再発防止対策に関することなどの技術的事項を衛生管理 者に行わせなければならない。

<安衛法第18条第2項>
・衛生委員会の委員として、衛生管理者のうちから事業者が指名した者をもって構成する。

<安衛法第19条第2項>
・安全衛生委員会の委員として、衛生管理者のうちから事業者が指名した者をもって構成する。

<安衛則第11条>
・衛生管理者は、少なくとも毎週1回作業場等を巡視し、設備、作業方法又は衛生状態に有害のおそれ があるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければならない。

その他の産業保健FAQ